膝の水、抜くのに注射で何回も痛い思いをして…【浦和Super整体院】

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)
腰と足の症状

ある日の出来事です。

「先生、膝の水って抜いても抜いてもまた、たまってきちゃうんですけど、どうにかなりませんかね?」

と、突然の患者さんからの問いかけに、私は詳しく事情を聞くことに…。

病院では、
「もう年(とし)だから、しかたないよ。」
と、言われてしまい、

しかたなく、毎回、毎回、膝に水がたまって曲げるのが痛くなってくると、また病院へ行き、注射で水を抜いてもらう日々だと。


これを聞いて、私はとても驚きました。


膝に水を抜いても、また膝に水がたまるのは、ただ水がたまる原因が治っていないからです。


このまま、誰にも相談せずにいたら、この患者さんは、きっと膝がダメになるまで、あるいは死ぬまで、ずっと痛い思いをして膝に注射を打ち続けなければいけなかったかも知れません。

実際に、「年だから…」と専門機関の先生に言われてしまい、自分の膝は治らないものだと思い込んでしまい、このような状態へとなっている人がとても多いです。

正直、これってとても恐ろしいことだと思います。
あなたは大丈夫でしょうか?

膝に水がたまるのには、必ず理由があるからです。
その理由が分かれば、きちんと対応していくことで、解決できることもあります。

膝の水がすぐにたまるのはどうして?

それは、ひざの関節の中で起こっている炎症を抑えるためです。

何らかの理由で、ひざ関節の中で炎症をおこしてしまった細胞を冷やすため、水が出てきています。

膝に水がたまるのは、あなたを苦しめるためではなくて、炎症が広がらないように膝を守ろうとして起こっています。

これは、ある意味からだの防衛本能で水がたまっているといえるのではないでしょうか。

膝の水を抜いてもすぐにたまるのは、このような問題が解決されていないから、水が再びたまっています。

膝の水の改善方法は?

膝の水の解決策としては、原因がひざ関節に起こってしまった炎症によるものなので、その炎症がおさまることで膝に水がでなくなります。

実際に膝に水がたまっていたとしても、このような原因が解決されることで、膝にたまっていた水が自然と引いていくこともよくあります。


理屈は単純ですが、実際にどうして膝の関節に炎症がおきてしまっているのかが問題となりますね。

ほとんどの方は、老化や運動不足による足腰の筋力の低下により、膝が体を支えきれず、関節がつぶれてしまい、関節の中で体の組織がすれる事で炎症が起こっています。


このような原因以外にも、ひざの関節には様々な病気があって、その影響によっても炎症がおきます。

もしかしたら、あなたの膝もそのような病気が当てはまるかも知れませんので、一応、ここでどのような病気があるのかすこし見ていきましょう。

変形性関節症

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは、主に、運動不足、加齢などによって足の筋力が低下、

それによって、膝関節の中にある軟骨に大きな衝撃が加わるようになり、その軟骨が痛んだり、磨り減ったり、変形してしまう症状です。

それにより、ひざの関節に負担がかかり、中で炎症がおきることで膝に水がたまります。

関節リウマチ

リウマチとは血液中の免疫機構の異常によって、ウイルスだけでなく、自分の細胞も攻撃してしまう病気です。

これが膝関節の中でおこり、細胞が攻撃され炎症をおこすことで水がたまります。

リウマチは、検査によって発見することができ薬によって進行を抑えられます。

痛風(つうふう)

よくエビやカニ、ビールの飲みすぎなど、そこに多く含まれますプリン体をたくさん取ると、尿酸値があがり痛風になるといわれています。

痛風は、血液中の尿酸が増えることで尿酸の結晶が関節にたまり、それが炎症を起こし激しい痛みをともないます。

主に、痛い症状は足(足首から下)に出ますが、膝に出ることもあります。

痛風による炎症で、膝に水がたまります。
痛風は、主に薬によって治療していきます。

痛風の改善策として、今まで一般的だった、
プリン体が多く含まれている食事を控える行為は
あまり関係ないといわれています。

半月版の損傷

半月版とは、ひざ関節の中でクッションの役目をする三日月のような形をした軟骨です。

主に、運動や転んだりした時など、膝に強い衝撃が加わったときに半月版が損傷することでおこります。

半月版が損傷したことで、ひざ関節に負担がかかり、炎症がおきることで膝に水がたまることがあります。

半月版は損傷すると自然治癒することが無いため
損傷の程度によっては手術するしかありません。

化膿性関節炎

これは、ひざ関節の中に水ではなく膿(うみ)がたまってしまった状態です。

膝がばい菌に犯されることでひざ関節の中で膿んでしまっているので、早急に専門機関で適切な処置する必要があります。

膝にはこのような病気もあるため、はじめて膝に水がたまってしまったと思われたときは、一度は病院で膝の水は抜いてもらったほうが無難かと思います。

高橋 勝馬
このようにひざには色々な病気がありますね。この中で気になる事がありましたら、専門医に相談してみて下さいね。

 

膝の水の治療方法って、何が一番いい方法?

実際に、膝に水が多くたまってしまうと、関節がふくれあがり、それによって痛みや動きに制限がかかってしまう事があります。

膝の水を抜くことで、日常生活において、水がたまっていることで、生活が困難にならないようにする事ができます。

ですから、水を抜くというのは、まったく意味が無いことでもなく、ましてや悪い事でもありません。

でも、何回も注射で痛い思いをするのはつらいですよね。


そこで、膝に水がたまる原因となっている炎症をおさえる為に、ひざの関節に直接、注射で炎症をおさえる薬を入れていく方法があります。

膝の水に炎症をおさえる薬を注射する

注射によって炎症がおさまると自然とひざの水が治っていきます。

これは薬によってきちんと炎症が治まればいいのですが、薬が効かなかったり、あるいは、注射を打っても患部まで薬が届かないなどの原因でなかなか治っていかないこともあるようです。


通信販売で、膝によいとされるサプリメントも、効果のある人とない人と大きく分かれ、継続して飲み続けてみないと結果がわかないことが多いです。



グルコサミンなどのサプリや漢方を飲む

通信販売で、膝によいとされるサプリメント、あるいは、病院で処方された漢方も、効果のある人とない人と大きく分かれ、継続して飲み続けてみないとなかなか結果につながらないことが多いです。

病院でのひざの治療の主流がヒアルロン酸をつかったものとなったため、それまでに病院で使われていた、グルコサミンやコンドロイチンといった膝のサプリが主に通販で売られるようになったそうです。


リンパマッサージ

膝が悪いことで、負担のかかっていた足の疲れ、老廃物がリンパマッサージによって流れていくことで、痛みが軽減したり足が軽くなる効果を多くの方が実感しています。

膝の水も、施術を繰り返すことで軽減され、症状の程度によっては改善する人もいるようです。


高橋 勝馬
いづれにしても、これらの方法をしたのにも関わらず、膝の水がよくならなくて悩んでいる人達が、当院のような整体院へとやってきます。


膝の水、整体による治療方


スーパー整体では、膝の水を抜いても抜いてもまた、膝に水がたまってしまう原因となる炎症が、なかなかおさまっていかない理由をこのように考えています。



膝を悪くしている多くの方が、腰や骨盤など、体のバランスが悪いです。
そのため、図のようにひざに負担が常にかかっています。

そこで、整体によって膝に負担がかからないようにバランスを整える事で、自然と炎症がおさまっていき、膝に水がたまる原因がなくなっていきます。


すると、自然と膝の水が引いていって、本来、あるべき膝の状態へと戻ることができます。

こうやって、全身のバランスを整える事で、70代の膝の悪い方も改善していくことができています。

もしも、何をやっても膝の水がよくならないとお悩みでしたら、スーパー整体で解決します。

まとめ

通常、人の体は、ほとんどの病気は休めれば改善していきます。
それは誰にでもある自然治癒力が備わっているからです。

寝ても治らない、あるいは、日に日に悪くなってしまう原因には、あなたの治癒力を妨げている、何かしらのゆがみがあるからです。

どんなに膝の水を、注射で抜いても抜いてもすぐに膝に水がたまるのは、ひざ関節の中で炎症がおさまっていないから…。

炎症をおさえる薬を打つ、あるいは、炎症がおきてしまうほど負担をひざ関節から取り除いてあげることで、何度も痛い思いをして膝の水を抜かなくて済むようになりますよ。





コメントを残す

ABOUT US

高橋 勝馬
19歳の時に医療関係の仕事を志す。地域で治ると評判の整体の先生の元に弟子入り。3年の下積みを経て、これまで20年以上整体業に従事する。その間、気功や催眠など、ジャンルを問わず心身に良いものは積極的に取り入れ、独自の治療スタイルで日々、奮闘している。整体の学校の講師や勉強会など、治療業界の発展のための活動も行っている。